SIMフリー版のiPhoneを調達

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備」とは各社によって違ってくるものです。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

それでも使いたい場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと1000円未満なんていう料金になることが。

とりあえず、検討してみても悪くないのではないでしょうか。

スマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

引用:格安SIM おすすめ 通話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です