• ファイルメーカーを導入するメリットとは

    ファイルメーカーは非常に優れたデータベースソフトです。

    ユーザーはあらゆる情報を管理し、どのような形にでも利用することができます。一般的にデータを入力し、管理するためのソフトとして表計算ソフトが存在します。
    また文書を作成するためのソフトとしてワープロソフトがあります。

    ファイルメーカーは表計算ソフトとワープロソフトを融合したものです。

    ファイルメーカー EC2情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

    表計算ソフトのようの様々な項目を設けてデータを入力し、一覧化したものをテーブルと呼びます。
    このテーブルから任意に必要な情報を引き出して、様々な文書を作成できます。例えば複数の顧客に送る手紙を作成する場合には、手紙の文面を作成して特定のデータを表示させる部分を決めます。



    住所や名前などの保管されているデータが引き出され、同じ文面で違い顧客への手紙を作成することが可能です。表計算ソフトとワープロソフトを別々に利用する場合と比較して遥かに簡単にデータの管理と応用ができます。



    顧客に郵便物を送る場合のラベルの作成なども可能です。
    ファイルメーカーを導入することで企業は業務効率を大幅に向上させることができます。テーブルは複数作成することも可能です。
    複数のテーブルからも任意に情報を引き出して文書を作成できます。


    ユーザーが望むようにあらゆるデータを利用できるところにファイルメーカーの凄さがあります。


    テーブル上で管理できるデータは住所や氏名だけではありません。音楽ファイルや画像ファイルなども扱うことができます。